空の墓

2021年4月4日

ルカの福音書 24章1-12節

「空の墓」


イースターおめでとうございます。

今朝は、ルカの福音書24章からイースターの恵みをともに味わいたいと思います 。 3節に、「 そこで中に入ると、主イエスのからだは見当たらなかった。」とあります。 つまり、 墓が空であったということです。


私の母は5人姉妹です。母の故郷は福島県郡山市です。そこに実家の墓もあります。ところが、墓がかなり古くて、修理に多額の費用がかかるそうです。母の妹だけが、旧姓を名乗っており、その墓に入りたい。しかし、その他の姉妹はそのお墓には入りたくない、とすこし、難航しています。費用をだれが負担するのか、あるいは分割するのか墓は私たちにとって 、 大切なものです。墓は納骨の場所であり、偲ばれる場所であり、生きた証の場所です。


1. 墓が空であった

女性たちが香料をもって墓に来ました。24章1節しかし、イエス様のお身体は無く「空」でした。 イエス様のお身体がないということは、イエス様の生きた証がなくなったということです。 女性たちが悲しんでいると、「どうして生きている方を死人の中に捜すのですか」という語りかけを聞きます。

「人の子は必ず罪人たちの手に引き渡され、十字架につけられ、3 日目によみがえると言われたでしょう。」 という天使の声かけを聞きます 。

イエス様にとって、墓は生きた証ではなく、復活への通過点でありました。


2. 墓で思い出した

女性たちは墓でイエス様が いつも語っておられたことを思い出します。 私たちは墓を見て、その人の生前を思い出します 。墓はその人が生きた証です。 そして、女性たちはイエス様が 十字架に 掛かられた後、3日後によみがえることを思い出します 。

また、「私があなたがたに、最も大切なこととして伝えたのは、私も受けたことであって、次のことです。キリストは、聖書に書いてあるとおりに、私たちの罪のために死なれたこと、また、葬られたこと、また、聖書に書いてあるとおりに、 3 日目によみがえられたこと、」 コリント第Ⅰ 15章3,4 私たちも、教会の墓を見て、あるいは、天に帰ったお一人 、お一人を偲びながら、このおことばを思い出し、そして復活の恵みを確信します。


3. 墓から戻って

「そして墓から戻って、11人と他の人たち全員に、これらのことをすべて報告した 。」 ルカ24章9 女性たちは空の墓には執着しませんでした。すでに、イエス様が復活したことを信じ 現実に受け止めて、弟子たちに報告しました。


私たちがイエス様の復活を受け入れるならば、「墓は生きた証しと、同時に永遠のいのちへの通過点」になります 。

「死」は永遠のいのちへの「入り口」に変わります。そして、この朽ちるべきものが朽ちないものを着て、この死ぬべきものが死なない者を着るとき、このように記されたみことばが実現します。「 死は勝利に呑み込まれた。」「 死よ、おまえの勝利はどこにあるのか。 死よ、 おまえのとげはどこにあるのか。」死のとげは罪であり、罪の力は律法です。しかし、神に 感謝します。神は、私たちの主イエス・キリストによって、私たちに勝利を与えてくださいました。 ですから、私の愛する兄弟たち。堅く立って、動かされることなく、いつも主の わざに励みなさい。あなたがたは、自分たちの労苦が主にあって無駄でないことを知っているのですから。コリント人への手紙 15 章 54-58 節


イエス様の「墓は空」です。それは、私たちにどんなメッセージを与えているでしょうか 。 困難があり、理解されないことがあり、誤解があり、コロナ禍の中、事が思うように進まなくても、私たちの労苦は主にあって無駄ではありません 。 必ず良い方向に導かれることを 信じることが復活のメッセージです 。

イースターの恵みを一人でも多くの人が知ることができますようにお祈りいたします 。

最新記事