9月16日「ありがとう」

「感謝する」とは、それほど感謝することがなくても感謝を掘り出すことです。散歩していて、小さな花がさいているのを見つけるようなものです。ルカの福音書17章には、ツァラアトという病気で苦しんでいる人が登場します。ツァラアトは重い感染症で、家族、社会から隔離されます。10人のツァラアトで苦しんでいる人がイエス様によって癒されます。この人たちは喜んで町に行きます。ところが、イエス様にお礼に戻って来たのはたった一人の外国人でした。イエス様は「10人癒されたのではないか。あとの9人はどこに行ったのか。」と言われます。お礼を言いに来たサマリヤ人と9人には大きな違いがありました。9人は身体が病気から癒された人。お礼に戻ってきたサマリア人は、身体も心も癒されたのです。

 マザーテレサは、薬やベッドを瀕死の人を優先に使います。助かりそうな人を助けたらいいのにという非難の中、まるでゴミのように亡くなっていく人々を手厚くケアーします。そして、最後にこの人々はマザーに「ありがとう」と言って天に帰っていきます。マザーが最も優先したのは、神様に愛されている人をゴミのように死なせないことです。

 私たちは罪を犯してしまった時、大きな困難・試練の中、あるいは、深い孤独を感じる時、「自分なんか生まれて来なければよかった。」と思います。そういう人たちのために、イエス様は、「生まれて来てくれてありがとう」と、おっしゃるために生まれてくださいました。もし、あなたが、半分でも自分は生まれて来てよかったと思えるなら、そこは半分天国です。   

                           森下辰衛先生メッセージ要約

最新記事
アーカイブ
タグから検索
​インマヌエル上田キリスト教会

インマヌエル上田キリスト教会は、長野県上田市にあるインマヌエル総合伝道団に属する正統派のプロテスタント教会です。

​エホバやものみの塔などの団体とは一切関係がありません。

ADDRESS

386-0014

上田市材木町1-2-21

0268-23-2962

igm-ueda@an.wakwak.com

  • Facebook Social Icon

© 2023 by HARMONY. Proudly created with Wix.com