結びの帯としての愛


2022年1月30日 メッセージ要約

コロサイ人への手紙3章1~17節 *1

 今日は第60次の上田教会 教会総会です。コロナ禍のなかですが、皆様のお祈りとご奉仕、また、尊い捧げものによって教会がここまで維持されてきました。感謝致します。昨年を回顧し、教勢、財政を報告し、係の体制を整えます。本来であれば役員就任式も行いますが、割愛させていただきます。今年は、救われて受洗をされる方が与えられたいと願っています。また、教団や宇都宮教会の奉仕も加わってまいります。上田教会が内側だけでなく、教会の外の奉仕にも大きな期待が寄せられています。皆様、一人、一人の役割、責任がいよいよ重くなっていきます。

そのような中、今朝は一つのみことばだけに心を留めたいと思います。「そして、これらすべての上に、愛をつけなさい。愛は結びの帯として完全です。」コロサイ3:14です。ドラマに出てくるような男女の純愛も素敵です。しかし、実は「愛」とは厳しい面もあります。聖書で「愛」を明快に表現しているものがあります。それは「十字架」です。コリント第Ⅰ13章には愛のことが記されています。愛は寛容であり、愛は親切です。・・これを一言で表現するならば「十字架」です。つまり、「十字架」は結びの帯として完全なものです。「十字架」は私やみなさんの本来の姿です。恥と孤独と痛みと社会から切り離される罪深さの象徴です。しかし、私たちの代わりに、神の御子であるイエス様が十字架に掛かってくださいました。一方的な恵みです。

着物を着るとき帯がなければおかしな格好になります。しかし帯をしめるときちんとした格好になります。私たちの結びの帯は「十字架の愛」です。それは、上に出世していく世界ではありません。むしろ、涙と痛みと恥と悲しみと人に裏切られていく世界です。下に下に向かっていく世界です。けれども、その世界にはこの世にはない不思議な平安と救いがあります。

十字架という結びの帯を締めて総会に出席してください。一人、一人が十字架を見上げるとき、総会はまとまっていきます。しかし、5節にあるような肉の心は総会を破壊していきます。そのことだけを気をつけて、喜びと感謝をもって総会に臨みましょう。


*1 コロサイ人への手紙 3章1~17節

3:1 こういうわけで、もしあなたがたが、キリストとともによみがえらされたのなら、上にあるものを求めなさい。そこにはキリストが、神の右に座を占めておられます。

3:2 あなたがたは、地上のものを思わず、天にあるものを思いなさい。

3:3 あなたがたはすでに死んでおり、あなたがたのいのちは、キリストとともに、神のうちに隠されてあるからです。

3:4 私たちのいのちであるキリストが現れると、そのときあなたがたも、キリストとともに、栄光のうちに現れます。

3:5 ですから、地上のからだの諸部分、すなわち、不品行、汚れ、情欲、悪い欲、そしてむさぼりを殺してしまいなさい。このむさぼりが、そのまま偶像礼拝なのです。

3:6 このようなことのために、神の怒りが下るのです。

3:7 あなたがたも、以前、そのようなものの中に生きていたときは、そのような歩み方をしていました。

3:8 しかし今は、あなたがたも、すべてこれらのこと、すなわち、怒り、憤り、悪意、そしり、あなたがたの口から出る恥ずべきことばを、捨ててしまいなさい。

3:9 互いに偽りを言ってはいけません。あなたがたは、古い人をその行いといっしょに脱ぎ捨てて、

3:10 新しい人を着たのです。新しい人は、造り主のかたちに似せられてますます新しくされ、真の知識に至るのです。

3:11 そこには、ギリシヤ人とユダヤ人、割礼の有無、未開人、スクテヤ人、奴隷と自由人というような区別はありません。キリストがすべてであり、すべてのうちにおられるのです。

3:12 それゆえ、神に選ばれた者、聖なる、愛されている者として、あなたがたは深い同情心、慈愛、謙遜、柔和、寛容を身に着けなさい。

3:13 互いに忍び合い、だれかがほかの人に不満を抱くことがあっても、互いに赦し合いなさい。主があなたがたを赦してくださったように、あなたがたもそうしなさい。

3:14 そして、これらすべての上に、愛を着けなさい。愛は結びの帯として完全なものです。

3:15 キリストの平和が、あなたがたの心を支配するようにしなさい。そのためにこそあなたがたも召されて一体となったのです。また、感謝の心を持つ人になりなさい。

3:16 キリストのことばを、あなたがたのうちに豊かに住まわせ、知恵を尽くして互いに教え、互いに戒め、詩と賛美と霊の歌とにより、感謝にあふれて心から神に向かって歌いなさい。

3:17 あなたがたのすることは、ことばによると行いによるとを問わず、すべて主イエスの名によってなし、主によって父なる神に感謝しなさい。

最新記事