神の種は実を結ぶ

2021年5月23日(ペンテコステ)

ガラテヤ人への手紙5章13節~6章6節


ヨハネの手紙第Ⅰ3章9節に「神から生まれた者はだれも、罪を犯しません。神の種がその人のうちにとどまっているからです。その人は神から生まれたので、罪を犯すことができないのです。」とあります。

イエス様を信じる全ての人には神の種がたましいに備わっています。

イエス様の十字架を信じて救われた人は、罪から完全に救われています。そして、罪を犯すこともできません。何故なら、神の種が備わり罪を犯すことをできなくさせているからです。

今日はペンテコステです。イエス様が十字架に掛かり、墓に納められてから3日後に復活されます。その日から50日後、イエス様の弟子たちに聖霊が降り、伝道が始まり教会が誕生します。それがペンテコステです。今は、聖霊様の時代です。私たち1人、1人にも、聖霊様がおられます。それをヨハネは「神の種」と表現しています。


聖霊様はあのペンテコステの日と同じように私たちにも降臨してくださいました。それは、動かない事実です。 「御霊によって導かれているなら、あなたがたは律法の下にはいません。」ガラテヤ5:18に書かれているとおりです。


つまり、神の種があるので私たちは律法の要求を満たすことが出来ます。イエス様は613ある律法を2つに要約しました。「神を愛することと人を愛することです」マタイ22:36-40


そして、皆さんや私が持っている「神の種」はどんどんと成長していきます。そして、やがて「実」を結びます。

「・・御霊の実は、愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制です。このようなものに反対する律法はありません。」


今、バラが咲き始めています。そして、ハイビスカスも大きなつぼみをつけています。でも、よく見ると「虫」がついています。虫は葉を食べ、根につく虫は根を枯らします。植物を私たち人に例えると、虫は「肉」です。


前回、お話ししましたが、この「肉」は私たちに害を与えることはできません。それは、「影」なのです。「影」によって私たちの救い、きよめが無効になることは決してありません。

けれども、私も、皆さんも「肉」や「影」に悩まされます。

「肉のわざは明らかです。すなわち、淫らな行い、汚れ、好色、偶像、礼拝、魔術、敵意、争い、そねみ、憤り、党派心、分裂、分派、ねたみ、泥酔、遊興、そういった類のものです。以前にもいったように、今もあなたがたにあらかじめ言っておきます。このようなことを

している者たちは神の国を相続できません。」6:19-21


「・・御霊の実は、愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制です。このようなものに反対する律法はありません。」

「肉のわざは明らかです。すなわち、淫らな行い、汚れ、好色、偶像、礼拝、魔術、敵意、争い、そねみ、憤り、党派心、分裂、分派、ねたみ、泥酔、遊興、そういった類のものです。以前にもいったように、今もあなたがたにあらかじめ言っておきます。このようなことを

している者たちは神の国を相続できません。」6:19-21


このは正反対のことを言っています。なので、私たちは悩みます。自分の中に何があるのか「神の種」なのか「肉、影」なのか聖書は私たちに過酷なことを要求しているようにも聞こえます。つまり、「私たちには到底出来ないことを求められているように聞こえるの

です。」でも、パウロも悩んでいます。ローマ書7:18-24


「私は本当にみじめな人間です」と。悩んでいます。「肉、影」に悩んでいます。


聖書は私たちに何を語っているでしょうかそれは、「悩む」こと「葛藤すること」は良いことだ、ということです。「もがき苦しむこと」は良いことなのです。


コリント人への手紙第Ⅱ 4:7-11です。

「私たちは、この宝を土の器の中に入れています。それは、この測り知れない力が神のものであって、私たちから出たものではないことが明らかになるためです。私たちは四方八方から苦しめられますが、窮することはありません。途方に暮れますが、行き詰ることはありません。迫害されますが、見捨てられることはありません。倒されますが、滅びません。私たちは、いつもイエスの死を身に帯びています。それはまた、イエスのいのちが私たちの身に現れるためです。私たち生きている者は、イエスのために絶えず死に渡されています。それはまた、イエスのいのちが私たちの死ぬべき肉体において現れるためです。」


つまり、苦しめられ、窮し、途方に暮れ、倒されることがある、ということです。しかし、100%負けないことが記されています。

行き詰らない、見捨てられない、滅びない、です。土の器の中に宝を入れているからです。


救われている証拠は、悩みがあることです。しかし、必ず勝利します。


「そういうわけで、あなたがたは大いに喜んでいます。今しばらくの間、様々な試練の中で悲しまなければならないのですが、試練で試されたあなたがたの信仰は、火で精錬されてもなお朽ちていく金よりも高価であり、イエス・キリストが現れるとき、称賛と栄光と誉れをもたらします。あなたがたはイエス・キリストを見たことはないけれども愛しており、今見てはいないけれども信じており、ことばに尽くせない、栄に満ちた喜びに踊っています。あなたがたが、信仰の結果であるたましいの救いを得ているからです。」

ペテロの手紙第Ⅰ 1:6-9


たましいの救いを得ていることは、悩みの先にある称賛・栄光・誉れへとつながっていることです。悩むことと栄光は救われている私たちに約束されています。


もがき、苦しみ、悩んでいる結果、私たちのたましいに実が結ばれていきます。

「しかし、御霊の実は、愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制です。このようなものに反対する律法はありません。・・私たちは、御霊によって生きているのなら、御霊によって進もうではありませんか。」ガラテヤ人への手紙5章22,23,25

これがペンテコステの恵みです。

最新記事