top of page

教会総会に向けて②


2023年1月29日 メッセージ要約

コリント人への手紙Ⅰ 12章12~27節  *1

先週はイエス様が全ての権威を持っておられるお方であることを確認いたしました。そして神様はイエス様を教会に与えてくださいました。さらに教会はイエス様のからだです。エペソ書1章から見ました。


総会前の礼拝で教会はキリストのからだであることを再度心に刻みたいと思いま。コリント人への手紙第1 12章27節に「あなたがたはキリストのからだであって、一人ひとりはその部分です。」とあります。ここにおられる私たちはみな、イエス様のからだの一部分です。先週導かれましたように、イエス様は全ての権威を持っておられるお方です。私たちはその各部分であるという「自覚」が大切です。短く2点だけお話しします。

① 各個人はイエス様の器官の一つであり、大切な存在です。

イザヤ書43:4にあるように非常に大切な一部分です。

② それと同じようにお互いが非常に大切な各器官です。

小さな子が一年もすると身長が伸びて驚くことがあります。それは、骨の端にある骨端線の中にある軟骨が伸びて成長します。大人になると軟骨が固くなり成長しません。しかし、軟骨だけでは成長しません。軟骨を刺激する成長ホルモンが必要です。脳の指令を受けて脳の中にある下垂体から成長ホルモンが分泌されます。さらに成長ホルモンは深く眠っている時に分泌されます。脳を使いすぎると睡眠催促物質が溜まります。これが溜まりすぎると脳が壊れてしまうために、睡眠に入ります。私たちの身体の仕組みは非常に繊細に緻密に出来ています。お互いが、お互いの状態をよく知り、脳が指令を出して調整します。つまり成長することは骨が単純に伸びるだけではなく、成長ホルモンが必要です。そのためには睡眠が必要です。睡眠のためには副交感神経が優位になる必要があります。このようにお互いの働きがとても大切です。この仕組みが壊れると体調を壊しますし、成長が上手くいかないこともあります。お互いが非常に大切な存在であることをまるで知っているかのようにそれぞれの役割を果たしています。

上田教会も権威を持っておられるイエス様のからであり、お互いがイエス様にとって貴重な存在であることを認め合うときにキリストのからだである教会は成長します。教会は分担作業の場所ではありません。お互いの関わり合いがとても大切です。奉仕はそれぞれ違っていても祈りと思いやりというホルモンによって教会は成長していきます。これを心に留めて教会総会に入ります。



*1 コリント人への手紙Ⅰ 12章12~27節

12:12 ですから、ちょうど、からだが一つでも、それに多くの部分があり、からだの部分はたとい多くあっても、その全部が一つのからだであるように、キリストもそれと同様です。

12:13 なぜなら、私たちはみな、ユダヤ人もギリシヤ人も、奴隷も自由人も、一つのからだとなるように、一つの御霊によってバプテスマを受け、そしてすべての者が一つの御霊を飲む者とされたからです。

12:14 確かに、からだはただ一つの器官ではなく、多くの器官から成っています。

12:15 たとい、足が、「私は手ではないから、からだに属さない」と言ったところで、そんなことでからだに属さなくなるわけではありません。

12:16 たとい、耳が、「私は目ではないから、からだに属さない」と言ったところで、そんなことでからだに属さなくなるわけではありません。

12:17 もし、からだ全体が目であったら、どこで聞くのでしょう。もし、からだ全体が聞くところであったら、どこでかぐのでしょう。

12:18 しかしこのとおり、神はみこころに従って、からだの中にそれぞれの器官を備えてくださったのです。

12:19 もし、全部がただ一つの器官であったら、からだはいったいどこにあるのでしょう。

12:20 しかしこういうわけで、器官は多くありますが、からだは一つなのです。

12:21 そこで、目が手に向かって、「私はあなたを必要としない」と言うことはできないし、頭が足に向かって、「私はあなたを必要としない」と言うこともできません。

12:22 それどころか、からだの中で比較的に弱いと見られる器官が、かえってなくてはならないものなのです。

12:23 また、私たちは、からだの中で比較的に尊くないとみなす器官を、ことさらに尊びます。こうして、私たちの見ばえのしない器官は、ことさらに良いかっこうになりますが、

12:24 かっこうの良い器官にはその必要がありません。しかし神は、劣ったところをことさらに尊んで、からだをこのように調和させてくださったのです。

12:25 それは、からだの中に分裂がなく、各部分が互いにいたわり合うためです。

12:26 もし一つの部分が苦しめば、すべての部分がともに苦しみ、もし一つの部分が尊ばれれば、すべての部分がともに喜ぶのです。

12:27 あなたがたはキリストのからだであって、ひとりひとりは各器官なのです。

Comentarios


最新記事
アーカイブ
bottom of page