グレーゾーンの祝福


2022年3月13日 メッセージ要約

創世記16章15~17章1節 *1

アブラムはハガルによりイシュマエルを誕生させます。さまざまな葛藤を抱えながらもイシュマエルを大切に育てます。この時、アブラム86才。17章1節から、99才まで神様は沈黙していたことが記されています。その期間は13年。75才の時に神様にいただいた約束から11年が経過していました。さらに、イシュマエル誕生から神様は13年間沈黙されます。合計24年間、神様の時までかかります。

アブラムにイシュマエルという、後継者が与えられました。しかし、神様の反応が見られず、良かったのか、悪かったのかはっきりとしたお答えはありません。


このような、物事の中間領域・あいまいな領域の事をグレーゾーンと言います。白でもない黒でもない曖昧な状態です。アブラハムのひ孫である、ヨセフは牢獄の中、2年間何の反応もない牢獄に置かれます。ヨブは神様が認めるほど正しい人でしたが、大きな試練に遭います。しかし、神様からの応答はありません。ヨブの友人からは何か悪いことをしたのだろう、と責められます。ダビデは王様の油注ぎを受けながら、犯罪者のように追われます。信仰深いダニエルは国を追われて、バビロンに行きます。神様の返答もなく、ライオンがいる穴に放り込まれます。信仰を持ちながら、あるいは神様からの約束をいただきながら一向に、状況が変わらない。あるいは神様から何の説明もなく、その期間苦しむことがあります。曖昧な状況の中に置かれることです。まさしく、信仰のグレーゾーンです。


私たちも神様の祝福をいただき、神の子とされています。しかし、問題・課題に囲まれています。聖書にはイエス様の再臨が書かれています。しかし、約2000年が軽快しています。むしろ、教会はコロナ禍・戦争等、厳しい現実問題に囲まれています。この状況は祝福なのか、そうでないのか?私たちも、何とももどかしい、はっきりしないグレーゾーンにいます。


グレーゾーンに入ったならば、神様の説明がなく、苦しむ状況に置かれます。一人のアメリカ兵の話です。ある夜兵舎のベッドのところで一人のアメリカ兵がひざまずいて祈っていました。その姿を見た他の兵士は彼をあざけり、泥まみれのブーツを祈っていた兵士にぶつけます。しかし、翌朝、ブーツを投げつけた兵士が目を覚ますと、自分のブーツがきれいに磨かれて、枕元にそろえて置いてありました。この兵士がクリスチャンになるまでにはそれほどの時間はかからなったそうです。

マタイの福音書7章24節のおことばを思い出しましょう。このような時こそ、土台を岩の上に築くチャンスです。祈りも一つのグレーゾーンです。長い間、祈っても、あざけられ、愚か者と思わるような結果が出ない厳しい中を通過します。しかし、このアメリカ兵はいつも祈っていました。


土台を岩の上に築きましょう。岩は、非常に堅いです。掘り進めるのは困難です。なかなか思うように作業がみまないかもしれません。しかし、辞めることなく祈り続けましょう。


神よ まことに あなたは私たちを試し 銀を精錬するように

私たちを練られました。

あなたは 私たちを網に引き入れ 私たちの腰に重荷を負わされました。

あなたは人々に 私たちの頭をまたがせ 私たちは 火の中 水の中を通りました。

しかし あなたは 私たちを豊かな所へ導き出してくださいました。

                     詩篇66篇10~12節


 グレーゾーンの時に信仰を堅くすることは、私たちを豊かな場所へと導きます。アブラムは神様によしとされ、改名されます。17章1節

13年間アブラムの信仰は堅く成長していた証しです。



最後に、神様はグレーゾーンにいる私たちの必要をも知っておられます。そして、願いもご存知です。

「・・野の花がどうして育つのか、よく考えなさい。働きもせず、紡ぎもしません。しかし、わたしはあなたがたに言います。栄華を極めたソロモンでさえ、この花の一つほどにも装っていませんでした。今日あっても明日は炉に投げ込まれる野の草さえ、神はこのように装ってくださるなら、あなたがたにはもっとよくしてくださらないでしょうか?・・」マタイ6:28~30「・・あなたがたにこれらのものすべてが必要であることは、あなたがたの天の父が知っておられます。」


グレーゾーンは一瞬、神様に見放されたように感じることがあります。イエス様も十字架上でこの苦しみを味わいました。「わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか?」と。さらに、神様が見えなくなりがちです。そして、あきらめてしまいたくなる誘惑が私たちを襲います。ここが、きついですが、頑張りましょう。

私たちがするべきことは、日々祈り、みことばを読み、神様に感謝することです。何も反応が見えなくても、続けましょう。必ず祝福の道へ導かれていきます。


*1 創世記 16章15節~17章1節

16:15 ハガルは、アブラムに男の子を産んだ。アブラムは、ハガルが産んだその男の子をイシュマエルと名づけた。

16:16 ハガルがアブラムにイシュマエルを産んだとき、アブラムは八十六歳であった。

17:1 アブラムが九十九歳になったとき【主】はアブラムに現れ、こう仰せられた。「わたしは全能の神である。あなたはわたしの前を歩み、全き者であれ。


最新記事