​インマヌエル上田キリスト教会で毎週語られるメッセージの要約やお知らせを掲載しています。

October 27, 2018

詩篇37篇1~40節

「委ねるとは」

詩篇37篇には悪を行う者に苦しめられているダビデの姿が見られます。悪を行う人の特徴が沢山記されています。不正を行う人、正しい人に対して敵対して事を謀り、正しい人に対して歯をむき出す人。また、強い殺意をもっているのもその特徴です。

そして、よく読んでみますと、悪しきものと正しい人が対になって表現されています。「悪しきものはいなくなる。正しい人は地を受け継ぐ」と。じっくり読むと大変恵まれます。

委ねるとは、一切を他人に任せることです。先日、小学生が楽しそうに遠足に向かう場面に出会いました。とても、楽しそうで...

October 6, 2018

  詩篇48篇は神様が住まわれる都、シオンを詠ったものです。シオンとはダビデが攻め取ったイスラルの町の中にある要塞のことです。シオンはダビデの町と呼ばれます。そして、シオンは神様が住まわれる場所となり、霊的な意味で神が臨在する場所の象徴となります。シオンは詩篇が書かれた当時の巨大な王国、アッシリヤの王、高官たちでさえも、その荘厳さ、偉大さに震えると詩篇の記者は書いています。

今朝のメッセージは「最優先すべきこと」です。優先することは、状況や置かれた環境によって異なってきます。職場、家庭にあるとき優先すべきことは変わります。また、体調を...

September 11, 2018

 ダビデはいのちを狙うサウル王の軍隊に取り囲まれていました。絶体絶命、八方ふさがりの中、「向かい立つ者たちよりも高く私をひきあげてください。」と祈っています。

 夏休みが終わる始業式の日、自らの命を絶つ小さなお友達がいます。また、終わることのない苦しい人間関係に疲れ果てている人、経済的な戦い、苦しい病、思いもかけない災害。私たちは様々と形を変えてくる敵に弱り果てます。「向かい立つものたちよりも高くひきあげてください」と祈るダビデ。そんな高い場所が果たしてあるでしょうか。敵の網に決して足をとられることのない高い場所。それは、永遠の高みで...

August 26, 2018

詩篇50篇1~15節「感謝のいけにえ」 礼拝に必ず必要な物はささげ物ではありません。それは、神様を喜ぶこと、感謝のいけにえです。

August 12, 2018

聖書箇所:詩篇138篇1〜8節

詩篇138篇は捕囚からの解放の感謝とイスラエルを以前の国のように回復して下さるという信仰の詩篇です。作者は、この喜びを個人的にも捉えています。以前の聖書訳では「主は私に関わるすべてのことを成し遂げてくださいます。」となっています。

 ジョハリの4つの窓の中に、未知の窓があります。この窓は自分も他人も気が付いていない未知の部分を表現しています。心理学では、無意識の世界。あるいは心の深い所で抑圧された感情、潜在的な能力と表現されています。しかし、信仰的に捉えるならば、神様の世界と言い換えることができると思いま...

Please reload

最新記事

September 20, 2019

September 9, 2019

September 6, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

Please reload

​インマヌエル上田キリスト教会

インマヌエル上田キリスト教会は、長野県上田市にあるインマヌエル総合伝道団に属する正統派のプロテスタント教会です。

​エホバやものみの塔などの団体とは一切関係がありません。

ADDRESS

386-0014

上田市材木町1-2-21

0268-23-2962

igm-ueda@an.wakwak.com

  • Facebook Social Icon

© 2023 by HARMONY. Proudly created with Wix.com